口唇ヘルペス

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウィルス1型(HSV-1)というウイルスにより、唇やその周りに痛みを伴う水疱(水ぶくれ)ができる病気です。

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると神経細胞に潜伏し、風邪やストレス、疲労などで体の抵抗力が落ちると活性化し、再発を繰り返します。

唇やその周辺に軽いかゆみピリピリ、チクチクした感じがあらわれ、それがやがて赤く腫れ、小さな水ぶくれが寄せ集まってできてきます。
通常はかさぶたになり、1~2週間で治ります。しかし、ウイルス自体は神経細胞に潜伏しているので、抵抗力が落ちた時に再発します。

口唇ヘルペスの水ぶくれの中には、ウイルスが詰まっています。
患部を触ったり破れたりしないよう注意が必要です。患部に触れた時は手を洗いましょう。
また他人にうつしてしまうことあるので、ウイルスが付着した手や食器、タオルは共有しないよう気を付けましょう。

口唇ヘルペスは、抵抗力が落ちると再発します。疲れているのに休めない、休む暇がないからこそ、抵抗力が落ちてしまい、口唇ヘルペスが出来てしまうという、悪循環に陥ります。
当店では、繰り返す口唇ヘルペスをその都度治すのではなく、そもそも発症させない方法をおすすめしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA